恵方巻きの食べ方の真実!切る、醤油、お茶はどれもNG?

恵方巻き 食べ方

スポンサードリンク

恵方巻きの正しい食べ方講座

巻きずしって通常、お話をしながら「切って」「醤油を付けて」良き所で「お茶を飲み」ますよね。それが巻き寿司本来のおいしさを引き出すためのベストな食べ方ですよね?(異論は認めます)

しかし恵方巻きで食べる太巻きずしに関しては、自由奔放好きなように食べるわけにはいきません。

ちゃんと意味があって食べるのに好きなように食べてどうする?というお話です。

ちょうどいい機会なので恵方巻きの正しい食べ方のルールを知り、立派なオトナとして願いを叶えましょう。

恵方巻きの食べ方

一般的に言われている恵方巻きの食べ方は「節分の夜に太巻きを今年の恵方に向けて、無言で、願い事を思い浮かべながら丸かじりで食べる」という方法です。

けれど太巻きってけっこうな長さがあるし、最後まで無言で食べるのって結構大変ですよね。

願いごとを浮かべながらムグムグ太巻きを食べて、願いを叶えるどころか、

  • ああ、醤油付けてぇ
  • 喉乾いた…。お茶飲みてぇ…。

なんて邪念だらけになってしまう人の姿がありありと浮かびます。

あなたの願いは太巻きに醤油を付けて食べることですか?

見事神様に想いが届き、

「その願い…、叶えてしんぜよう。」

なんて言われたりしたらたまったもんじゃありません!

そんな邪念を浮かべるぐらいならば、正しいルールを知って、最初から無理なゲームには参加せず、快適な環境で恵方巻きを楽しみましょう。

切っていいの?

まず恵方巻きの前提を覆してしまいそうな疑問「切っていいの?」についてです。

確かに苦しい思いをして一本丸々食べるよりも、食べやすいサイズに切って食べたいですよね。

恵方巻きを切らずに一本食べるのには「縁を切らない」という意味があるようです。

そこで若干のこじつけ感はありますが、「悪い縁を切る」という解釈で食べるなら切っても良いという説を目にしました。

こういう儀式は考え方次第なので、切っていいのか駄目なのかに関しては「切ってもいいし切らなくてもいい」
という自由な解釈でいいと思います。気の持ちようですね。

スポンサードリンク

それどもできる限り通常の巻き寿司のようなサイズにたくさん切るのではなく、食べられる大きさに切るぐらいにして丸かじり感は楽しみたいですね。

醤油はつけていいの?

お次に巻きずしの味にアクセントを加える醤油についてです。

恵方巻きのルールに照らし合わせると、どこにも醤油を付けては駄目とは書いていません。

最初の一口を食べる前に一度だけ付けるのはOK、食べ出してからは醤油は付けずに「黙って一気に食べる」のがいいみたいです。

切っていいの?の時に伝え忘れたのですが

食べながら願いごとを思い浮かべ終えたら恵方巻きの儀式は終了します。

このルールをこの恵方巻き講座ではフィニッシュルールと名付けることにします。

なので、儀式さえ終了しえてしまえば醤油も好きな様に付けていいし食べやすいサイズに切ってもいいのです。

ということはお茶も…。

お茶を飲んでもいいの?

お次は喉の渇きを潤し、相乗効果で巻き寿司の味をも向上させるお茶についてです。

これに関しては「黙って一気に食べる」というルールから「飲まない方がいい」という解釈をする方が多かったですね。

願いごとを終えるまでは、お茶も飲まず醤油も付けずに、ひたすら無言で食べるのがカッコイイと思います。

願いごとの途中でしゃべってもいいの?

駄目です。

フニッシュルールが適用になるまでは我慢しましょう。

恵方巻きを楽しんで願いを叶えよう

恵方巻き 食べ方

いかがでしたでしょうか?

自由においしく食べるために一番重要なのは、願いを決めて、無言で、早い段階で願いを思い浮かべ終えることですね。

それさえ出来ればあとはフィニッシュルールで自由に食べられますから。

最近実は恵方巻きを食べていなかったのですが、小さいころ弟と顔芸で笑わしあいながら食べていたことを思い出します。願いごとなんてこれっぽちも思い浮かべてませんでしたね。

なんとなく影を踏んだら死ぬみたいなルールで遊んでいたようなノリで、しゃべったらアウトとだけ思いながら食べていたような気がします。

今年は願いを叶えるためにも、この行事に乗っかって楽しんでみようかなと思います。

みなさんも今年の恵方巻きにはフィニッシュルールを追加して、家族で存分に楽しんでみてください。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする