ゲリー・ボーネルの地震予言が嘘で外れるという根拠

ゲリー・ボーネル 嘘

明日地震が来る(2015年4月12日)と予言したという、ゲリー・ボーネル氏。

ゲリー・ボーネル氏の予言が具体的すぎて、更にはイルカの大量座礁もあったことにより、「本当に12日に地震が来るのでは?」と心配する声が聞こえています。

スポンサードリンク

ゲリーボーネルの予言の根拠 アカシックレコードとは?

ゲリー・ボーネルさんは「アカシックレコード」という概念を利用して予言をしているということです。

アカシックレコードとは、Wikipediaによると

人類の魂の活動の記録の概念であり、アーカーシャに映る業(カルマ)の投影像とされている

という概念だそうです。

詳細なメカニズムはわかりませんが、ゲリー・ボーネルさんはこのアカシックレコードにアクセスすることができ、未来を予知することができるというのです。

ゲリーボーネルが過去に的中させた(と言われている)予言

ゲリーさんは過去に

  • 1995年1月17日の阪神淡路大震災
  • 2001年9月11日のアメリカの同時多発テロ
  • 2011年3月11日の東日本大震災

の発生を予言していたというのです。

え?じゃあやっぱり今回の予言も当たるのでは?

と思ったあなた。このあとのゲリー氏本人の言葉を聞けば、ひとまず安心するはずです。

ゲリーボーネルの地震予想2015 最新情報

イルカの大量座礁があったことにより、思いがけず一気に注目を浴びたゲリーボーネル氏。

どんなに根拠が薄い予言でも、こうもはっきり

2015年4月12日に東海大地震が起きる

と言われれば、誰だってちょっとはビックリしてしまうものです。現に今回の予言(とイルカの座礁)を受けて、念のため地方に避難する人もいるみたいです。

地震を扱えば少なからず多くの人々に影響を与えてしまうことはわかっていることで、予言を外してしまったら今後の予言業もあがったりです。

そのようなリスクをとってまでこうもハッキリと予言されると、まさかとは思いつつも気にはなってしまうものです。

しかし安心してください。ゲリーボーネルさんから最新のメッセージが届きました。

ゲリーボーネルさんの肉声メッセージ

観ることが面倒な方のために、ゲリーさんのメッセージの書き起こしを掲載しておきます。※短い動画なんでできればご自身でご覧ください。

「ゲリー・ボーネルです。地震が起きる期間についてたくさんの情報をお伝えしましたが、アカシックの中では30日前から地震情報の日付が消えました。地震はいつ起こっても不思議ではありません。今かもしれないし12日かもしれないし27日かもしれません。いつでも起こりうる状況になります。なので準備をすることがとても大事です。お互いにコミュニケーションを取り合うこともとても大事です。準備をしっかりしてください。」

とのことです。私はこのメッセージを聞いて、

酒井容疑者は山梨県を含む関東・東北・中部・北陸、または近畿・中国・四国、 あるいは沖縄・北海道、もしくは海外に逃亡。

という、田宮榮一氏の名推理を思い出しました。

そして更に最新情報が届きました。

この内容を簡単にまとめると

スポンサードリンク

  • (予言は)変わったことがありました
  • 地震についての予言をするのは嫌い。なぜならば毎日のように地震は起きるから
  • 気をつけてと言っても誰も聞きはしない
  • 科学者たちも言うように、日本の地下にはパワーが極端に溜まっている
  • なぜ僕が予言をして本の出版まで許可したのか?それは注意をしてほしかったから

などなど…。

と、まだまだゲリーさんは喋っているのですが、疲れました…。

長々としゃべっていましたが要約すると

予言は変わった=4月12日に大きな地震は起こらない ※下記の追記もご参照ください

ということのようですね。ちゃんと通訳さんがいるので、興味のある方は是非ゲリーボーネル氏のメッセージを全て聞いてみてください。

※予想以上の方が当記事に訪れてくれましたので、心をフラットにしてゲリーさんの言葉を最後まで聞いてみました。

ゲリーさん曰く、あくまでも日付がわからなくなった(12日だと断定するのを止めた)だけで、いつ地震が起こるかはわからない。それはもしかしたら明日かもしれない。ということでした…。

あ、曖昧…。

ゲリー・ボーネルの予言は嘘なのか?

とにかく本人の言葉によって、ゲリーさんが以前に予言して出版までした「4月12日の東海大地震の予言」は外れる(変わる)ということがわかりました。

※正しくは12日だと断定はできなくなったということのようです。

だからと言ってゲリー氏が嘘をついていたのかどうかについては、私たちが決めつけることではないと思います。

ゲリー氏は、自らの信念のもとに、自らのパワーを使い、リスクを犯しながらも私たちのために予言をしてくれているのかもしれないからです。

ただゲリー氏は予言者であると同時に、ゲリーボーネルジャパンという株式会社に携わり、「アカシックを学ぶならゲリーボーネルジャパンへ」というフレーズのもとに日本でビジネスを展開しているビジネスマンでもある、ということもお伝えしておきます。

アカシックレコードについてはまだまだ勉強が足りないので、不用意な発言は控えておきます。信じるも信じないもあなた次第ということですね。

ゲリーさん本人が「予言は変わった」と言っているのでひとまずは安心ですが、それでもまだちょっと不安は不安です。

予言が変わったことを自ら示すように、ゲリーさんはどうやら現在来日中で、明日も東京都港区のゲリーボーネルジャパンのセミナースペースでセミナーを開催するらしいのです。

ゲリーさんが「いつ地震が起きてもおかしくはない」という日本から避難していない、と思うと少し安心しませんか?

7月、10月、2016年…と、この先も来日を予定しているみたいです。

地震はいつ起こっても不思議ではない

ゲリーさんの予言は超具体的な予言から始まり、最終的にはやたら曖昧な予言に終わってしまいました。

しかしゲリーさんの言っていることには一理あることも確かです。一理あるどころか、正しすぎて何も言い返せないぐらいの正論をゲリーさんは言っています。

地震に関してはハッキリとした時期まではわからずとも、科学的にも近いうちに日本に大きな地震が起きると言われています。ですのでゲリーさんの言うとおり、お互いにコミュニケーションを取り合って地震への準備をしておくということに異論はありません。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

カズハゴンドウイルカ打ち上げと地震の関係を過去の座礁で検証!

スポンサードリンク

シェアする

フォローする