刑事7人第2シリーズ4話あらすじネタバレ!永沢の殉職はフェイク?

「刑事7人第2シリーズ」第3話が終了しました。

犯人の動機に驚きを隠せません。発想が完全にサイコパスのそれでした…。

事件が一段落したのも束の間。来週の「刑事7人」の予告が悲しすぎて、一部の永沢圭太(鈴木浩介)ファンが涙を流しています。

スポンサードリンク

「刑事7人 第2シリーズ」第4話あらすじ

「刑事7人 第2シリーズ」の来週(第4話)のあらすじですが、公式のあらすじを引用すると

警視庁機動捜査隊の天樹悠(東山紀之)がかつて所属していた捜査一課12係。その課に今も在籍する刑事・永沢圭太(鈴木浩介)に、怪しい影が忍び寄ってきた。まもなく永沢は勤務後に、何やら単独行動を取り始める。彼が何を考え、何をしようとしているのか…。すべては謎に包まれていた。
 そんな中、『刑事7人』のメンバーに“とんでもない危険”が襲い掛かる! それは得体の知れない闇がどこまでも続く、壮絶な事件の幕開けだった――。

というあっさり(?)したものです。

これだけ読むと、永沢圭太巡査部長が何やら怪しい動きを始めて(恐らく公益のため?もしくは仲間を脅威から守るため?)、その間にも「刑事7人」の誰かに危険が襲いかかる、という風に読めなくもないですよね。

少なくともこの文章だけ読んだなら、私は上述したような次回のストーリーを想像していたでしょう。

しかし、第4話の予告を見ると…

「刑事7人 第2シリーズ」第4話のネタバレ?

何回見直しても、永沢圭太刑事が殉職するという予告にしか見えないんですよね…。

ただ単に永沢さんが倒れているだけのシーンだったら、殉職すると見せかけてセーフなんて展開は大いに考えられるんです。

でも…

スポンサードリンク

「…の身元が判明しました。12係、永沢圭太巡査部長」
「永沢はただの殉職じゃないのかもしれない…」

なんて発言が飛び出してるんですよね。

1つ目の「…の身元が判明…」ってやつなんですけど、何度聞いても「…の」の部分が聞き取れませんでした。「ガイシャ」とか「ホトケ」には聞こえないんですよね。なのでもしかしたら「殉職見せかけパターン」も考えられます。

しかし2つ目の「永沢はただの殉職じゃ…」って発言で、永沢さんが殉職した可能性が高まってきます。

こんな発言をするということは、この時点で「永沢はただの殉職」(ただの殉職ってのも変な話ですが)だと思われているってことですよね。

しかし「永沢」としか言っていないことが、これまた「殉職見せかけパターン」の可能性も残しているんです。(まあ普通わざわざフルネームで「永沢圭太は…」なんて言わないでしょうけど。)

永沢圭太の父は殉職している

そうです。

永沢圭太の父親は殉職しているんです。

もし「ただの殉職じゃ…」発言が、永沢圭太の父親のことを言っていたのであれば?

父親の死に関する事実を聞いた永沢圭太が単独行動を始め、失踪したのであれば?

永沢さんが血を流して倒れていたシーンで見えた足は、天樹悠(東山紀之)のではなく犯人のもので、その後奇跡的に一命をとりとめたとしたら?

「永沢殉職見せかけパターン」が成立します。

とはいえ、青山新(塚本高史)さんが参加して、実質「刑事8人」になっていることからも(もっと正確に言えば刑事はもっと少ないw)、永沢さんが殉職しない可能性は低そうな気もします。

ここまで書いてきて、「身元が判明」なんて使うのは「被害者」とか「容疑者」以外にある?ということにも気付きました。永沢さん、正義のために一旦容疑者になっちゃうパターン?

鈴木浩介さん演じる永沢圭太刑事の運命やいかに!?

来週も目が離せません。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする