栗田貫一の大沢さやかへのモラハラはやらせ?性格悪いのはガチ?

ルパン三世の声優として知られている、ものまね芸人の栗田貫一さんの妻・大沢さやかさんに対するモラハラぶりがヒドイと話題になっています。

スポンサードリンク

栗田貫一の大沢さやかに対するモラハラ

栗田貫一 大沢さやか
出典:http://girlschannel.net/topics/314645/

2015年3月9日に放送された「私の何がイケないの?」という番組で、栗田貫一さんの大沢さやかさんに対する亭主関白ぶりが特集されました。

その結果、栗田さんの言動が「亭主関白」どころではなく完全に言葉の暴力だったと、栗田さんを批判する声が相次ぎました。

あまりの酷さに「やらせではないのか?」という声も挙がっていますが実際のところどうなのでしょう?

栗田貫一のモラハラ放送はやらせ?

栗田夫妻のモラハラ放送はちょうど、高橋ジョージさんの三船美佳さんへのモラハラが話題になっているタイムリーな時期に放送されました。

この番組は放送前の番組予告の時点で、クリカンの衝撃の暴言が飛び出し、放送前から大きな注目を集めていました。放送前から話題性十分で、きっと当日の視聴率も良かったと思います。

内容とタイミングがバッチリなうえ、内容があまりにも浮世離れしていただけに、「ヤラセだったのではないか?」という疑惑が浮上したわけです。

実際の栗田貫一さんは大沢さやかさんに対して、

番組で見せたような態度はとっていない優しい旦那

であるにも関わらず、「このような暴言を吐いてくれ」と脚本を渡され、

全く別のキャラを演じた

のであれば、完全にやらせと言ってもいいでしょう。

多少の誇張はヤラセではなくあくまでも「誇張」であると捉えるならば、栗田貫一さんのモラハラはヤラセではなかったと私は考えます。

栗田貫一は性格が悪い?

3月29日(日)に行われた「ものまねキャラバンVol.5 ~いま、ものまね芸人にできること~」に出演した際、栗田さんは清水アキラさんやモト冬樹さんらに「モラハラ炎上」に関してツッコまれました。

そのとき栗田さんは

「うるせーよ、俺は普通なんだよと。女からのバッシング?関係ねーよ。(世の中の)半分男なんだから。いいよ、男の味方がいれば」

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/382878/

と答えています。

スポンサードリンク

いやいや、男も批判しているんだけど…というのは置いておいて、栗田さんは今後のキャラクターを印象づけるかのような強気な発言をし、他の場面でも毒舌全開だったそうです。

モト冬樹さんやグッチ裕三さん、コロッケさんらは

  • (クリカンは)ものすごく性格が悪い。本当はもっとヒドイ。
  • いつもと一緒のままテレビに出ていて驚いた
  • 毒舌を超えている

と栗田さんをイジるような発言していたそうです。

これって栗田さんは今後

  • 毒舌
  • 性格悪い

キャラでやっていくことを覚悟したということではないでしょうか。

嘘を吐いてまでモトさんらが仲間のことを「性格が悪い」なんて言うとは思えないので、「やっと言えた」という感じではないかなって思います。

要するに栗田さんはテレビでは見せていなかっただけで、元々性格が悪かったと。性格が悪いというと言い過ぎかもしれませんが、大沢さんに対して大体番組で映されていたような言動をしていたと。現在の妻への対応を異常とは思わず、モラハラに対してのハードルが異様に高い人であると捉えることができそうです。

これらのことからも「全く別のキャラを演じたヤラセ番組ではなかった」と言えそうです。

ヤラセではなく単なる誤算?

ここまでやらせかどうかを検証してきましたが、ヤラセにせよヤラセじゃないにせよ、なぜ栗田夫妻はこの番組のオファーを受けたのでしょうか?

これはまあいやらしい話になりますが、恐らく「お金」でしょう。

視聴率を稼ぎたい番組側と、新しいキャラを作って今後露出を増やしていきたい栗田さんの目的が一致した、ということだと思います。もちろん目先のギャラももらえますしね。

ただここまで大きなバッシングを受けることになるとは思ってはいなかったのではないでしょうか。

この番組の最後には、栗田さんが「この人(大沢さん)以上にいい人がいない」と言ってみたり、あくまで「超亭主関白だけど底では妻を必要としている少し変わった夫婦像」を押し出したかったのではないかと思います。

結果的に

  • 性格悪い
  • モラハラ
  • 毒舌

の称号を得て、自らもそれらを認めた栗田さん(あ、モラハラは認めてないか)。

人を笑わせるのが仕事のものまね芸人としては、あまり好ましくないキャラクターのように思えますが、今後栗田さんがどのようにこのキャラクターを料理していくのか気になるところです。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする