ももクロ「幕が上がる」試写会の一つが中止に!落ち度はあった!?

幕が上がる 試写会

2015年2月28日(土)から公開開始の、ももいろクローバーZ主演の映画「幕が上がる」のプロモーションのため、ももクロのメンバーは全国を行脚している最中です。そんな中、少しモヤモヤするニュースが届きました。

スポンサードリンク

ももクロ「幕が上がる」の試写会を中止

ネットニュースサイト「J-CASTニュース」によると、2月23日に予定していた「幕が上がる」の試写会が中止になったということです。この日は試写会の後に「日本外国特派員協会」による記者会見が予定されていたそうですが、どうもこの記者会見が原因で試写会の中止を決定したのではないかと、J-CASTニュースは指摘しています。会見を行うことで、先日のももクロ「黒塗り騒動」について、外国人記者から言及されることを恐れての中止措置なのではないか?ということです。⇒J-CASTニュースの記事はコチラ

ももクロの黒塗り騒動とは?

このブログでも記事にしたのですが、ももクロの「黒塗り騒動」について簡単に説明します。

3月7日(土)に放送予定のミュージックフェアで、ラッツ&スターと共演し、ラッツ&スターと同じように黒塗り姿での収録を終えたももクロメンバー。その時の写真をラッツ&スターの佐藤さんがTwitterにアップしたところ、ニューヨークタイムズの記者「田淵広子」さんに「日本の差別問題の現状」としてリツイートされて反響を呼んだ騒動のことです。⇒詳しくはコチラの記事をご参照ください。

田淵さんの拡散の甲斐あって、現在はツイートを削除する事態にまで発展していたのですね。この騒動はももクロの騒動というより、ラッツ&スターの騒動と認識していたのですが、ももクロの問題として捉えている人も多数いるようです。

ヘリウムの事故も原因?

今回の試写会と記者会見のキャンセルに関して、ネットでは「黒塗り騒動」以上に、今月の頭に起きた「ヘリウムの事故」が原因ではないのか?という声が挙がっています。

「ヘリウムの事故」とは、ももクロの妹分のグループ「3Bjunior」のメンバーの一人が、テレビ番組の企画でヘリウムガスを急激に吸い込み、倒れて病院に運ばれてしまった事故のことです。

その根拠としては、

  • 海外にもこの事故は報じられていること
  • スターダスト(ももクロ所属の事務所)のアイドルは以前からヘリウムガスを利用した芸をしていたこと

などが挙げられています。この辺りのことを質問されたらまずいのではないかということですね。

スポンサードリンク

しかしヘリウムの事故に関しては、ももいろクローバーZにする質問としては的外れな気がします。事故に関してのコメントをももクロは既に発表しているわけですし、ももクロにする質問ではないと思いますね。

ももクロに落ち度はあったのか?

この「黒塗り騒動」ですが、個人的にはももクロの落ち度は30%ぐらいかなと思います。大先輩との共演で、「ももクロも黒塗りでいこう!」という企画を提示されて

「いえ、黒塗りは黒人差別につながるので、断固拒否します。」

なんてことが言える?

そもそも「黒塗りが黒人差別につながる」という認識がなかったのだろうし、仮にあったとしてもこの状況ではなかなか強くは主張できないはずです。黒塗りを拒否するということは、大先輩であるラッツ&スターのスタイルを否定するようなものですから。

結局その番組が撮られたということは、そこにいた人たちの多数が、「黒塗りが黒人差別につながる」という認識を持っていなかったということです。

この件についてはまずは最初にラッツ&スターがコメントしてあげてほしいですね。発端であるツイートに対して、直接メッセージも届いたわけですし。

現在のももクロは「中間管理職」のような板挟みの状態であると言えるでしょう。

試写会を中止する必要はあったのか

しかし23日の試写会と会見をキャンセルしたことに関しては失敗だったのではないかと思います。

ピンチはチャンスと言います。ここは様々な質問をシミュレーションして、黒塗りに関しての質問があった場合も

  • 差別の意図はなかったこと
  • 認識が甘かったこと
  • ちゃんと反省していること

を正直に、しっかりと伝えられればよかったと思います。それに対して

それってラッツ&スターを全否定していると捉えていいんですね!?

なんてアホな質問はこないはずですから。あったとしたらその記者が叩かれるわ!

もちろんキャンセルを決定したのも、ももクロメンバーの意志はそこまで反映されてはいないのでしょうけれどここは気張って欲しかった。

一度の過ちをドヤ顔で取り上げられて、言われっぱなしになっているのはちょっと気の毒な気がしますね。

ラッツ&スターも苦しい状況だと思います。ラッツ&スターが黒人音楽に憧れていることは伝わってくるし、黒塗りをしなくても十分にカッコイイと私は思っています。

ラッツ&スターのみなさんにも、様々な意見と自分の信念を元に、納得のいくコメントや決断をしてもらえればと思います。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

ラッツ&ももクロ黒塗り姿を田淵広子氏が拡散!騒動に発展!

スポンサードリンク

シェアする

フォローする