村上佳菜子が引退?世界選手権2015前のインタビューが意味深!

2015年3月26日(水)「世界フィギュアスケート選手権2015 女子ショートプログラム」が開催されました。

村上佳菜子 引退
出典:http://matome.naver.jp/odai/2139713191729543501

女子SPでは、ここ最近調子が振るわなかった村上佳菜子選手も存分に力を発揮し、日本人選手全員が最終グループに入るという素晴らしい結果に終わりました。

スポンサードリンク

女子ショートプログラムの結果

女子ショートでは3位~5位を日本人の選手が埋め尽くしました。

  • 宮原知子…3位
  • 村上佳菜子…4位
  • 本郷理華…5位

期待の選手らがしっかりと健闘し、28日(土)開催のフリースケーティングでの活躍が期待されています。

どの選手の競技も要注目ですが、今記事では、不調の時期を経て今回の選手権に向けて意味深な発言をした村上佳菜子さんにスポットを当ててみます。フリー演技の順番が最終の24番滑走に決まったこともあり、恐らくみなさん非常に盛り上がっていることでしょう!

村上佳菜子のインタビュー

3月25日(水)に放送されたフジテレビの「すぽると!」では、村上佳菜子さんが特集されてインタビューに答えています。

その時のインタビューでは

「今の壁をもし世界選手権で越えられたらどうしようというのは自分では決めている

と、ちょっと意味深な発言をしています。

この言葉にはどのような想いが込められているのでしょうか。

村上佳菜子は引退するのか?

村上佳菜子選手は気持ちの浮き沈みが激しく、考えこむタイプだと言われています。

これまでにもその性格や不調が原因で引退がささやかれることがありました。そんな中で滑ったSPで久々に自分の滑りを見せられた村上さんは、競技後に喜びの涙を見せていましたね。

スポンサードリンク

今まで苦しい時期があっただけに、もし28日のフリーの成績が良く、最高の滑りが出来たならば、「思い残すことはない」と考えて引退するということも考えられます。

「この壁を乗り越えたら…」というインタビューの言葉を前向きに捉えれば、「この壁を乗り越えたら…、オリンピックへ向けて頑張る(決意を新たにする)」ということも考えられます。

もしそう考えているのであれば、逆に言えば結果が悪ければ「もはやここまで」と考えて引退する、ということも十分にあり得るということです。もしフリーの結果があまりにも悪かったとして、それでも「頑張って続けろ」というのは酷かもしれません。

「この壁を乗り越えたら…」どうするつもりなのか

考えていても埒があきませんね…。ただほとんどの人の想いは「世界選手権の後も村上佳菜子の滑りを観たい」ではないでしょうか?

思ったような滑りが出来たのであれば、村上選手にはスケートを続けて2018年の平昌オリンピックまで頑張ってほしいところです。成績が悪かったとしても「満足の行く滑りが出来るまで続ける」という選択をしたっていいんだよ、佳菜子ちゃん…。

とにかく本日のFSでは、楽しんで、結果笑顔になっても涙になっても、全力を尽くして悔いのない滑りをして欲しいと思います。

最後に滑るってのがドラマチックでドキドキするなぁ。

その後の佳菜子ちゃんの決断に関しては、本人の中で用意されているのでしょう。佳菜子ちゃんがどのような決断をしたとしても、我々は黙って受け入れようじゃあありませんか。

世界選手権のフリーを終えた村上佳菜子選手のインタビューの様子

フィギュア世界選手権2015女子の順位!村上佳菜子の表情が心配

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

羽生結弦 世界選手権2015の結果・順位・得点速報!

スポンサードリンク

シェアする

フォローする