ミュージックカード商法とは?オリコン反映中止でEXILE今後は?

ミュージックカード商法とは

2015年1月28日、オリコン・リサーチ社が、オリコンランキングの集計方法の変更を発表しました。

その変更内容とは、今までは「CDの売り上げに合算して、ミュージックカードの売り上げも集計に反映していた」のを、4月6日からは「ミュージックカードの売り上げはCD売り上げランキングには反映しない」という内容です。

この変更によって、「ミュージックカード商法」と一部で呼ばれる戦略をとっている、EXILEがピンチに追い込まれるのでは?という意見が浮上しています。

音楽を買わない人には「今回のオリコンの変更でなぜEXILEがピンチになるのか」イマイチわからないですよね。順を追って説明しますね。

スポンサードリンク

ミュージックカードとは?EXILEが元祖?

ミュージックカード商法と呼ばれる商法を知る前に、簡単にミュージックカードについて説明します。

ミュージックカードとは「楽曲ダウンロード用のPINコードが記載されているカード」のことです。

このミュージックカードを購入して、「専用のサイトでカード記載のPINコードを入力すれば楽曲をダウンロード出来る」という仕組みになっています。

ミュージックカードは2012年の12月に、EXILE(エイベックス)が日本で初めて販売しました。

当初は「CDを買う程でもないというライトユーザー層へのアプローチ」としての役割を担って登場したようです。

しかしミュージックカードの持つ

  • 1枚の価格がCDよりも安い
  • (カードを数種類用意することで)トレーディング要素が出る

という特性を利用して、単なる「購入手段の選択肢のひとつ」であったミュージックカードが、「ミュージックカード商法」と呼ばれる商法に発展したのです。

ミュージックカード商法とは?

ミュージックカード商法とは簡単に説明すると「カードを複数購入(コンプリート)することによって、特別な特典をプレゼントする」という商法です。

スポンサードリンク

EXILEの場合、ライブ会場で一枚500円のカードを「全14種類」購入した人に「非売品ミュージックカードコンプリートファイル」をプレゼントするという方法をとり、相当の枚数を売りました。

このカード商法のお陰で、2013年発売の「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」はミリオンを達成できたと言われています。

ミュージックカードの売り上げのオリコンへの反映のタイミングは、楽曲がダウンロードされた時点ではなく、カードが売れた時点で反映される仕組みになっており、このルールがEXILEのCD売上枚数に大きく貢献してきたのです。最近のEXILEのCDの売り上げにはミュージックカードの存在が不可欠だったということです。

オリコンの集計方法が変更することでEXILEがピンチになるというのは、以上のような理由によります。

今後のミュージックカード商法はどうなる?

オリコンの集計方法の変更により、今後のミュージックカード商法はどうなるのでしょうか?

ファンとしてはカードをコンプリートして特典が欲しい、という思いと同時に、「EXILEを応援して、オリコンのランキング入りをさせてあげたい」という思いを持っている人も少なからずいたと思います。

ミュージックカードの売り上げがランキングに影響されないのであれば、数種類のカードを購入する人は減るでしょう。

EXILEにしてもお金が欲しいだけならば、単なるトレーディングカードや別のグッズをたくさん売ればいいだけの話なので、わざわざミュージックカードのデザインを複数種類用意することは今後なくなるかもしれませんね。ランキングに反映されないカードを複数買われるぐらいなら、反映されるCDにお金を使って欲しいはずですから。

そうなるとやはり、AKBのように数種類のデザインのCDの販売、オマケ付きのCDに力を入れるようになるのか。それとも全く新しい戦略を生み出すのかが気になるところです。

今後のEXILEの動向に注目が集まりそうです。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする