大原櫻子は歌上手い?それともゴリ押し?歌声と歌唱力を検証!

大原櫻子 歌声

2015年1月12日に開催された「第93回高校サッカー選手権大会」の決勝で、新人歌手の大原櫻子さんが大会応援歌の「瞳」を涙ながらに熱唱しました。

その歌唱を観た人たちの

  • 歌上手い
  • 声量が凄い
  • 可愛い

という賞賛の声がネット上に続々と上がりました。

しかし同時に

  • たいしてかわいくない…
  • どうせavexだろ
  • これ観ててドン引きした
  • 必至にゴリ押ししてるけど売れそうにない

などの、否定的な意見も上がっています。

実際のところどうなんでしょう?

可愛いか可愛くないかは置いておいて、歌が上手いのかそれともただのゴリ押しなのか、歌声と歌唱力を検証してみましょう。

スポンサードリンク

大原櫻子さんについて

歌声を聞く前に本当に軽く、大原さんの経歴を紹介します。

大原櫻子さんは東京都出身の女優・歌手です。

所属事務所はフジパシフィック音楽出版、所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメントです。残念ながらエイベックスではありません(笑)

2014年11月にシングル「サンキュー」でデビューし、その年の第56回日本レコード大賞新人賞を受賞しています。

それだけでなく、2013年には、映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」のヒロインにオーディションで抜擢され、2014年のドラマ「水球ヤンキース」のヒロインを務めています。

他にも映画やドラマに出演し、2014年はオールナイトニッポンのパーソナリティーまで務めています。

確かに彼女のことを知らない人から言わせれば、「ゴリ押しされている」と思われてもしょうがないぐらいの謎の露出っぷりです。

もう十分にブレイクしたと言ってもいいんじゃない?ってほどの露出をしておきながら、カウントダウンTVの「2015年ブレイクするアーティストランキング」で2位になるぐらい期待されているのです。

スポンサードリンク

大原櫻子は歌が上手いのか?

大原さんのことを知れば知るほど嫉妬に近い感情が湧いてくるので(汗)早く歌を聞いてみましょう。

「第93回高校サッカー選手権大会」の決勝で歌った「瞳」のアカペラバージョンの動画です。

どうでしたか?

この曲は敏腕音楽プロデューサーであり、ベーシストでもある亀田誠治さんがプロデュースと作詞作曲を担当し、大原さん自身も作詞に参加したそうです。豪華です。

歌が上手いか下手かと問われれば、上手いと答えざるを得ないのではないでしょうか。

ただ、ゴリ押しかゴリ押しじゃないかと問われれば、ゴリ押し(気味?)と答えざるを得ないのではないでしょうか。

歌声はそこまで特徴的ではないけれど、歌唱力はあるという感じでしょうか。

あくまでも個人的な感想ですが、まだ現時点ではアーティストという括りに入れるのは早い気もします。

それとも謎の「嫉妬」が「色眼鏡」ならぬ、「色耳栓」を付けているのでしょうか。

とにかくAmuzow特製「認定アーティストスタンプ」はまだちょっとあげられないですかね(大原さんもいらんだろうて)。

大原櫻子は歌が上手い!

今回は

  • 大原櫻子さんは本当に歌が上手いのか、それともゴリ押し?

について検証してみました。

その結果

  • 歌は上手い、けどゴリ押し気味?

という結論に至りました。

人それぞれ意見はあるだろうと思います。

あくまで個人的な意見ですし、まだまだ大原さんの魅力的な部分に触れていないどころか軽く嫉妬しているという、かなり偏った判定になってしまった感は否めません。

大原さんもまだ19歳と若く、これからどんどん成長するでしょう。

Amuzow認定スタンプをもらえる可能性はまだまだあるので、これからもどんどん活躍していってほしいですね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする