ピースとハイライト歌詞の意味は?桑田佳祐は韓国好きで反日なのか?

2015年1月11日(日)、サザンオールスターズの所属事務所「アミューズ」のビルの前に10数人の人が集まり、アミューズと桑田佳祐さんに向けて抗議活動を行いました。

スポンサードリンク

ピースとハイライトは反日ソング?

2014年末のNHK紅白歌合戦に出場したサザンオールスターズ。

紅白で歌った「ピースとハイライト」の歌詞から「政権批判」「反日」などの意志を感じ取れること、年越しライブでのパフォーマンスで紫綬褒章(日本国天皇の名前で授与される)を利用したパフォーマンスを行ったことなどが原因で「桑田佳祐の不敬発言を謝罪、釈明しろ」という内容の抗議が起こったようです。

右寄り過ぎる人たちが過剰な反応を示しているだけなのか。

それとも本当に「ピースとハイライト」の歌詞、年越しライブでのパフォーマンスには「政権批判」「反日」のメッセージが込められているのか。

ピースとハイライトの歌詞と、紫綬褒章を利用した年越しパフォーマンスについて検証してみましょう。

ピースとハイライトの歌詞

ピースとハイライトは聴けばわかるのですが、戦争や平和、政治に関しての歌であることは間違いありません。

著作権の関係で全歌詞は載せられませんが、まずこちらで歌詞を確認してほしいと思います。

普通に聞いた印象では「平和」や「反戦」について歌ってはいるけれど、「反日」を歌っているようには思えません

その上で一部の人に「政治批判」「反日」だと言われている部分をピックアップしてみます。

まずタイトルからして

・ピース(平和)とハイライト(極右)

に関して歌っているという解釈があります。

ハイライトを極右と解釈するなんて「よく思いついたなー」と唸らざるを得ません。

ただ、もしハイライトが「極右」を示していたとしても、極右(愛国者)が悪いとはどこにも書いていません。

次に歌詞内の

都合のいい大義名分(かいしゃく)で争いを仕掛けて
裸の王様が牛耳る世は狂気(insane)
二十世紀で懲りたはずでしょ

の裸の王様とは「安倍政権のことを言っているのではないか」という解釈です。

とは言え「都合のいい大義名分(かいしゃく)で争いを仕掛けて」なんてことは日本だけに限らず、戦争ってそういうものだと思うし、これだけで「安倍政権批判」「反日」と捉えるのは考え過ぎのような気がします。

「ピースとハイライト」はそもそも2013年には発売していて、発売時から上記のような解釈をした人達(主に右寄りの人)の間で騒がれていました。

スポンサードリンク

となると今頃になってアミューズと桑田さんに抗議を行ったのは、やはり年越しライブでのパフォーマンスが大きかったのではないでしょうか。

年越しライブでのパフォーマンス

紫綬褒章(しじゅほうしょう)とは、学問や芸術で功績を残した人に日本国天皇の名前で授与される記章(メダル)のことです。

桑田さんは年越しライブで、紫綬褒章を競売にかけるようなパフォーマンスを行なったのです。

今回抗議した人が怒ったのはやはりここが大きいと思いますね。

桑田さんは紫綬褒章をもらう際にも、「下劣極まりない音楽をやってきた私がこのような高貴な章をいただけるとは」と、照れともとれる発言をしています。

その流れからのロックシンガー的なパフォーマンスだったと思うのですが、このパフォーマンスに関してはちょっとやり過ぎな感じは否めませんね。

天皇からもらえる高貴な章だけに、自分の思っていないように捉えられても仕方がないような気もします。

ただこの件に関しても、桑田さんが少し軽率だっただけで、反日のメッセージがあるようには思えません。

甘すぎますかね?

桑田佳祐は韓国好き?

これははっきりと桑田さんが「韓国大好き」と言ったわけではないので、本人のみぞ知るところではあります。

しかしどこまでが本気でシャレなのかはわかりませんが、過去に「LOVE KOREA」という曲をリリースしています。「韓国大好き」とは言ってないけれど「韓国愛してる」と歌っていたわけです。

更には以前出版した書籍の表紙に、ハングル語を頬に書いた桑田さんが映っています。

ピースとハイライト 韓国

現在桑田さんが韓国に対してどう思っているかは解りませんが、以前は確かに韓国が好きだったのかもしれません。

けれど韓国だけが特別なわけでなく、同じぐらいアメリカやイギリスも好きなような気がします。

アメリカンロックへの憧れも見て取れますから。

桑田佳祐は本当に反日なのか?

以上「ピースとハイライト」の歌詞と年越しライブでのパフォーマンスを検証して、本当に桑田さんが「政権批判」をする「反日」思想の持ち主なのかについて考察してみました。

実は桑田さんはこの曲だけでなく、社会風刺をした曲をこれまでにたくさん作ってきています。

桑田さんは政治に対して思うことがあるのかもしれません。

それでも「日本が嫌い」とは思えません。

え?根拠はあるのかって?

だって桑田さん「稲村」とか「湘南」とか「江ノ島」大好きじゃないですか。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする