流星ワゴンのドラマ版の放送回数は全何話?最終回はいつ?

流星ワゴン ドラマ

2015年1月18日(日)に初回の放送があった重松清さん原作の連続ドラマ「流星ワゴン」(TBS)。

初回から2時間たっぷり放送され、観た人の感想は「感動した」という声が多く、中には「良い最終回だった…」と満足し過ぎた人もいるようで(笑)初回からとても濃い内容でした。

スポンサードリンク

流星ワゴンの放送回数は全何話?

面白いドラマってずっと続いて欲しいという気持ちが湧いてきますよね。

ずっと続くのはさすがに無理でも、少しでもたくさん観たいと思うのがドラマファンです。

明日の仕事を憂いだす日曜の夜、少しでもたくさん西島秀俊さんの動く姿を観ていたい!と思うのが秀俊ファンです。

連続ドラマって大体9~12回ぐらい放送するんですけど、好きなドラマが9回ぐらいで終わってしまったらちょっと損した気持ちになりますよね。

個人的には流星ワゴンは「11回」は欲しいところですが、現在公式で放送回数は発表されていません。

しかし諦めずに過去のTBSのドラマの放送回数から、流星ワゴンが何話まで放送されるか予想してみましょう。

※予想の後に(ほぼ確定の)答えも載っています

2014年日曜21時~のTBSドラマの放送回数

流星ワゴンは「日曜21時~」のドラマなので、2014年の同日同時間のTBSドラマを確認してみましょう。

  • 1月~3月 「S -最後の警官-」全10話
  • 4月~6月 「ルーズヴェルト・ゲーム」全9話
  • 7月~9月 「おやじの背中」全10話 
  • 10月~12月「ごめんね青春」全10話

となっています。

ここ数年の1~3月・日曜21時~のTBSドラマの放送回数

次は「1~3月期のドラマ」は全何回だったのか確認しましょう。

スポンサードリンク

  • 2010年「ブラッディ・マンデイ シーズン2」全9話
  • 2011年「冬のサクラ」全9話
  • 2012年「運命の人」全10話
  • 2013年「とんび」全10話
  • 2014年「S -最後の警官-」全10話

これらのデータを元に想像すると最低でも9回、多くて10回というありふれた予想が導き出せます。

流星ワゴンの最終回の日にち

と、ここまで楽しく(?)放送回数の予想をしていたのですが、確信に迫る情報を発見してしまいました。

その情報とは…

OOPS!3月22日(日)が最終回とは!

ということは、よっぽどのことがない限り

  • 1月18日
  •   25日
  • 2月1日
  •   8日
  •   15日
  •   22日
  • 3月1日
  •   8日
  •   15日
  •   22日

全10話ということになりますね。

これで「9話で終わったらどうしよう…。」とビクビクしながら観なくてもすむことになりました!

10話目のラストに向けてテンションのピークを上げていきましょう。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

流星ワゴン第3話の感想!見逃した方への動画の視聴情報も!
流星ワゴンの再放送情報、見逃した方への動画試聴方法

スポンサードリンク

シェアする

フォローする