坂本ちゃん(電波少年)の最盛期の年収(月収)と現在の貯金額!

坂本ちゃん 現在

「進ぬ!電波少年」内の「電波少年的 東大一直線」というコーナーで大ブレイクした「坂本ちゃん」というタレントさんを覚えているでしょうか?

坂本ちゃんがよくテレビに出ていたのが約15年ほど前なので、若い方は知らないかもしれませんね。

30代以上ならば一度はテレビで見たであろう坂本ちゃんが、2016年5月31日(火)放送の「幸せボンビーガール」に出演し、絶頂期の年収や豪遊っぷりと現在の話をしていました。

スポンサードリンク

坂本ちゃんとは?

坂本ちゃんは2000年頃に、「電波少年」の企画で有名になった、坊主頭でオネエ言葉をしゃべる姿が印象的なタレントさんです。

当時34歳だった坂本ちゃんが短期間で東大合格を目指すという企画がヒットして、ブレイクします。

ブレーク後もテレビにひっぱりダコで、なんと年間の出演番組は100本越え(現在大人気の藤田ニコルちゃんが94本)、本も出版し、人気のピーク時に荒稼ぎしていたようです。

坂本ちゃんのピーク時の年収(月収)がすごい!

なんとピーク時の坂本ちゃんの収入ですが

年収8000万円

だったそうです。

実際は所得税を引かれて、実際に坂本ちゃんに入ってくる手取りの収入は

年収5040万円(月収約420万円)

だったということです。

どう考えてもそんな稼ぐような働きをしていたようには見えなかったのですが、あの頃の芸能界はバブルだったのでしょう。

よく言われていることですが、人気が出て一気にお金を稼ぐと、その人気が続くと思ってしまうみたいですね。

絶頂期の坂本ちゃんの豪遊具合

たくさん稼いでいたこともあり、当時の坂本ちゃんの生活もかなり派手なものだったようです。

月収にして420万程度稼いでいながら

スポンサードリンク

  • 家賃      16万円
  • 食費      100万円程度
  • 家具      20万円程度
  • アイドルグッズ 30万円
  • 洋服      20万円
  • タクシー    15万円
  • 携帯      2万円

   
というような感じで、食事は叙々苑で奢り、家具や洋服やアイドルグッズを買い漁っていたようです。

更には、恋愛交際費として

  • 2丁目の彼に  70~80万円 

のお金を使ったり、友達の光浦靖子さんやKABAちゃんとビジネスクラスでパリへ旅行に行き

  • 旅費      80万円

と、豪快にお金を使うという暮らしをしていたということです。というか坂本ちゃんってやっぱり男の人好きだったんですね。

次の年には仕事が激減し、収入は減ったにも関わらず、前年の収入を元に請求される多額の税金に苦しむことになります。

これ自営業あるあるですよね…。

坂本ちゃんの現在

坂本ちゃんは現在、江戸川橋にある風呂無し家賃48000円の一軒家に住んでいました。

年収8000万円だったころの思い出の品(自分のポスターや写真)を残したまま、家は散らかり放題で、まさに典型的な貧乏な人の家という感じの住まいでした。

坊主姿に赤メガネというスタイルで、変わったことと言えば

  • メガネの色
  • 歳をとった
  • 学ランを着ていない

というぐらいで、そんなに変わっていないように見えました。

坂本ちゃん 年収

ボンビーガールの出演が、今年初のテレビ出演だそうで

「ライトを浴びるの久しぶり」

と発言していました。

現在何の仕事をしているのかはわかりませんでしたが、生活は苦しい感じに見えました。

貯金額も見せてくれたのですが、その額なんと

69674円也。

坂本ちゃんにとってブレイクして一発当てたことは幸せだったのだろうか…、って考えましたね。

悲壮感はそこまで感じませんでしたが、部屋の散らかり具合が負のオーラをガンガンに放っていたので、過去のものはキッパリと捨てて部屋だけは片づけた方がいいよなー、って余計なお世話ながらに思った次第です。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする