セカオワ紅白でもアコースティック?Mステのせいで後には退けない?

セカオワ 紅白 アコーステック

約2日後に迫ってきたNHK紅白歌合戦。

松田聖子さんや中森明菜さんの出演、更にはサザンオールスターズの出演も決定し、みなさんの期待も高まっていることでしょう。

今若者の間で絶大な人気を誇るバンド「SEKAI NO OWARI(セカオワ)」も初登場が決定しているのですが、現在メンバーの「DJ LOVE」さんがインフルエンザに倒れていて、当日どうなるのかがファンの間で話題になっています。

スポンサードリンク

Mステではアコースティック演奏を披露

先日26日に放送のミュージックステーションスーパーライブにもSEKAI NO OWARIは登場したのですが、この時点で既にDJ LOVEさんはインフルエンザに倒れていたのです。

ミュージックステーションは生放送が売りの音楽番組です。

どうするセカオワ!?

という状況の中、当日セカオワメンバーが選んだ方法はアコースティックver.で演奏・出演するという方法でした。

この日の演奏に関しては

・放送事故レベル

という手厳しい反応や

・このバージョンもいいね!
・感動した…

などの両極な反応がありました。

まあ「放送事故レベル」の感想は当然アンチの感想でしょうね(笑)

カラオケでは駄目だったのか?

SEKAI NO OWARIというバンドは世界観を非常に大切にしています。

ディズニーランドのような音楽と世界観でファンに夢を与えている(印象の)バンドです。

それ故にMステの時のようなアコースティック演奏は、貧弱な印象を与えるので一見「絶対にやってはいけない」ことのようにも思ます。

他のバンドも歌番組では当然のようにやっていることですが、カラオケをバックに生歌で歌うことも出来たはずです。

実際Mステの演奏も軽い打ち込み音源を用意してバックに流していましたしね。

Mステでのアコーステック演奏を確認する
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=kNtD61e8E2Q#t=13

スポンサードリンク

ストーリーを大切にするバンド

それでもカラオケを使った演奏ではなくアコースティック演奏をしたのは、ファンや世間、仲間であるLOVEさんに向けてのパフォーマンスだったのだと思います。

倒れた仲間の帰りを待ちながら、残った3人で最善を尽くす。

何かかっこいいじゃないですか。

しかもそれを意識的にやるのではなく、無意識の内にやってのけるのがSEKAI NO OWARIというバンドなのだと思います。

SEKAI NO OWARIはなんとメンバーで共同生活をしている、極めて珍しいバンドです。

メンバー感の絆も凄く、

「fukase(ボーカル)の夢を叶えることが私の夢」(女性メンバーのsaoriさん談)

なんて発言も出てくる、まるで少女漫画に登場するバンドのようなことを体現しているのです。

このようなストーリーを知るたびに、ファンは更にセカオワを好きになっていくのでしょう。

紅白でもアコーステック?

これはもうLOVEさん次第としか言いようがないですね。

一度「DJ LOVEがいないといつもの演奏は出来ない」というスタンスを見せてしまったので、LOVEさんが回復しなければ当然アコーステックでやらざるを得ないでしょう。

LOVEさん抜きでバンドバージョンをやろうものなら

「いやいや3人でもやれるんかいwww」

ってなってアンチ大喜びですから。

※念のため私はアンチでもファンでもありません。良い意味で面白いバンドだと思っています。

しかし紅白の華やかなメンツと舞台ではやはり豪華な演奏は欲しいところです。

なので何とかプロ根性でインフルから回復して4人で登場してくれると私は踏んでいます。

それはさながらドラゴンボールで、界王様の元から地球へ悟空が到着したときのように。

と言っても病気のことなのでこればかりはLOVEさんの細胞に頑張ってもらわないと、読みが外れて赤っ恥です。

みなさんはどのように予想しますか?

当日の放送を楽しみに待ちましょう。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする