タイムラプス動画とは?撮影方法を伝授!iphoneでも撮れる?

美し過ぎるタイムラプス動画をどうぞ。

ねっ?(ドヤァ)

これヤバくないっすか…。

この美しさハンパじゃないですよね!

この神動画は「タイムラプス」という技術を利用して撮影されています。

「タイムラスプ」ではないし「タイムプラス」でもありません(タイムラスプだと思っていました…)。

スポンサードリンク

タイムラプス動画とは?

虫の脱皮シーンだとか、花の開花シーンを高速で見せてくれる動画ってみたことありませんか?

具体的にはそれらの動画だったり、冒頭で紹介したような動画のことを言います。

ちゃんと言葉で説明するのであれば

デジタルカメラを用いて連続したスチール画像を撮影し、それを素材として作った動画のこと。インターバル動画ともいう。一定間隔で連続撮影した静止画を、パソコンのソフト上で組み合わせることにより動画を作る。長時間の事象の変化を短時間で表現できることが特徴。

※コトバンクより引用

という感じですね。ありがとうコトバンクさん。

観ているだけでも十分楽しいのですが、撮れるものなら撮ってみたいと思うのが人の性(SA・GA)。

僕みたいなカメラの知識ほぼゼロの人間でも撮れるものなのでしょうか?

タイムラプス動画の撮影方法

タイムラプスとは「連続した画像を撮影し、それを素材として作った動画」のことです。

ですので

  • 固定したカメラで連続的に、何百何千枚の写真を撮ること
  • 動画編集ソフトでの編集

が出来ればとりあえずは、作成することができます。

タイムラプス撮影に必要な物

というわけでタイムラプス撮影に必要なものをまとめてみました。

  • デジタル一眼カメラ
  • 広角レンズ
  • タイマー機能付きシャッターコントローラー
  • 三脚
  • カメラのバッテリー
  • SDカード

■デジタル一眼カメラ

これがなけらば始まらない!デジタル一眼カメラですが、何百枚と写真を撮る必要があるのでさすがにデジタルじゃないとキツイです。

■広角レンズ

スポンサードリンク

広角レンズはなくても理論上は撮れますが、ダイナミックな作品を作るためには是非用意しておきたいですね。すぐには広角レンズを買うお金がないけれど、やってみたい場合ズームレンズの広角側で試してみてもいいかもしれません。

■タイマー機能付きシャッターコントローラー

なくても撮れなくはないですがちゃんと撮ろうとするなら、限りなく無理ゲーに近いです。長時間撮った画像を並べて短縮させるので、手動で撮ることは恐ろしく根気が要ります。

■三脚

これもシャッターコントローラー同様、なくても撮れなくはないですが、手がプルプルしてしまうこと必至です。腕は筋肉痛になるわ、完成した動画はプルプルしてるわで恐らく泣けてきます。

なので三脚で固定して撮ることを強く強くオススメします。

■カメラのバッテリー

撮る時間にもよりますが用意しておいた方がいいですね。

■SDカード

たくさん写真を取るのでバッテリー同様用意しておいたほうがいいでしょう。

以上、撮影方法と必要な物でした。

あと編集にはWindowsムービーメーカーやimovieなどの動画編集ソフトが必要ですね。

何事も習うより慣れろです。環境が揃っている方はまた休みの日にでもチャレンジしてみてはいかがでしょう?

良い作品を作ろうとすれば根気が要ることは間違いないですね。

iphoneで撮影出来る!

タイムラプスに興味を持っていてかつiphoneを持っているアナタ。

チャンスです!

iOS8からの機能なのですが、何とカメラにタイムラプス機能が搭載されているのです!

使い方は本当に簡単で、カメラを起動して画面下のモードを「タイムラプス」にセットして撮影ボタン(赤い丸ボタン)をタップだけです。

タイムラプス iphone

本当にそれだけで、勝手に数秒ごとに写真を撮影をしてくれて、撮り終えた時にはタイムラプス動画が完成しています。

この動画はiphoneで撮影したものだそうですが、綺麗ですね。

私は三脚を使わずに極短い時間で撮ってみたのですが、動画が小刻みにプルプル震えて見れたものではなかったです。

やはりiphoneでの撮影でも三脚の利用を強く強くオススメします。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする