渡部香生子は声で損してる?根はかわいい性格の早稲田の女学生!

競泳日本女子のエース、渡部香生子(わたなべかなこ)選手の勢いがスゴイです。

スポンサードリンク

渡部香生子の快進撃!

渡部香生子
出典:https://twitter.com/kanaaako15

2015年4月10日(金)に東京辰巳国際水泳場で開催された「第91回競泳日本選手権」。

大会第4日目の女子200メートル個人メドレーで、渡部香生子選手は自身の日本記録を更新し、50メートル・100メートル平泳ぎに続いて3冠を達成し、今期世界ランク1位での代表入りを果たしました。

最終日12日の決勝では平泳ぎ200メートルも控え、4冠への意気込みも、まわりの期待も上がりに上がっています。

そんな絶賛快進撃中の渡部選手ですが、一部で「ぶっきらぼうで人気がイマイチ」という声が上がっているようです。

渡部香生子はぶっきらぼう?

渡部選手について、11日の日刊ゲンダイに

寺川綾(13年に引退)の後釜と期待されながら、ぶっきらぼうな対応で人気はイマイチ。
昨季から指導する竹村吉昭コーチは「精神面での成長を見せて欲しい」と注文を付ける。

といった記事が載っていました。

他にもスポニチにも

昨年12月の世界短水路選手権を終え、ドーハから休みなく米国の高地合宿先に移動した時だった。疲れもピークに達する中、現地で脈拍を測ってもらっていた時の態度が悪く、竹村吉昭コーチから「バカヤロー!」と初めてカミナリが落ち、号泣したという。それでも、「次の日にはケロッとしてたよ」と恩師が舌を巻くほどの強心臓。大一番での強さにつながっている。

というエピソードが記載してありました。

正直、競泳選手に愛想はそこまで必要ないと思うのですが、そこまで配慮できてこその一流選手ということでしょうか。

上記の「コーチに怒られて号泣して、次の日にはケロッとしていた」エピソードなんか、可愛らしくすらあると思うんですけどね。

でもコーチとしては「成長してほしい」と思うのが本音なのでしょう。マスコミとしてもやっぱり愛想よくしてもらえるほうが、世間の注目ももっと集まるだろうしやりやすいのでしょうね。

渡部香生子の声と表情

渡部選手がぶっきらぼうに思われてしまう大きな原因の一つとして、渡部選手の声と表情も関係していると思います。

これは2012年、渡部選手が15歳の時のインタビュー映像なのですが、声が非常にシブく表情も固いですね(笑)

スポンサードリンク

それでもただ単にぶっきらぼうというわけではなく、しっかりと質問に答えようとする気持ちが伝わってきます。

個人的には妙に対応がプロっぽい子よりも好感が持てるけどなー。

渡部選手の声に関して、「声にドスがあるよな」、なんて意見もありましたが、私はキャピキャピした声よりも、この素のままの声を支持します

渡部佳菜子のかわいいTwitterまとめ

素直で愚直すぎるが故に、女の子にしてはちょっと渋い声を持っているが故に、ぶっきらぼうだと誤解されてしまう香生子ちゃん。

そんな香生子ちゃんを勝手に擁護するべく、Twitterでのかわいいツイートをまとめてみました。

ほら。どれもこれもめちゃくちゃ楽しそうじゃないですか!これのどこがぶっきらぼうだというのでしょう!

「成長してほしい」というコーチの気持ちもわからないではありませんが(笑)、渡部選手は日本のエースであると同時に、先月高校を卒業したばかりの早稲田のJD(女子大生)でもあるのですから。

渡部選手のTwitterでは、他にも色々な香生子ちゃんの素顔を見ることが出来ますよー。

結論:渡部香生子はぶっきらぼうではない

先ほども述べましたが、対応がぶっきらぼうと言われてしまうのは決して性格が悪いわけではなく、むしろ素直さ故の結果だと思います。

これからまたどんどん大人になっていくのだろうし、渡部選手には全力で今と青春を駆け抜けてほしいですね!

12日の平泳ぎ200メートルでの活躍も期待しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

フォローする