ホワイトデーのお返しの意味を知って選ぶベストなプレゼント!

ホワイトデー お返し 意味

今年もホワイトデーの季節がやってきました。

バレンタインデーは基本的にはチョコレートをあげておけばOKだけど、ホワイトデーは正直何をお返しすればいいのか迷いますよね?

贈ったら失礼にあたるものだったり、知らなければ恥をかくような決まりごとなどはあるのでしょうか?

悩めるあなたのためにホワイトデーのお返しの意味をお伝えし、ベストなプレゼントチョイスのお手伝いをしたいと思います。

スポンサードリンク

ホワイトデーの由来(起源)を簡単に説明

ホワイトデーのお返しの意味を知るために、まずは

  • ホワイトデーはいつ始まったのか
  • どのような理由で始まったのか

などの由来(起源)について知っておきましょう。由来を知ることで、お返しの意味についても近づけるはずです。

ホワイトデーはお菓子メーカーが作った

ホワイトデー プレゼント

昭和40年代、バレンタインデーの盛り上がりに便乗したお菓子業界。それぞれのメーカーが自社のお菓子を「お返し用に」と宣伝をはじめたことが、ホワイトデー誕生のきっかけであると言われています。最初は3月14日に決まっていたわけでも、ホワイトデーという名前が付いていたわけでもなかったのです。

1973年(昭和48年)に「不二家」と「エイワ(マシュマロ菓子メーカー)」が協力して、「バレンタインチョコのお返しにキャンディーやマシュマロを贈ろう」とキャンペーンを開催。そのときにバレンタインデーの1ヶ月後の3月14日を、ホワイトデーに設定したと言われています。

他にも「全国飴菓子工業協同組合」が3月14日を「キャンディーの日」にしてみたり、福岡市の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が「マシュマロデー」と称して、チョコマシュマロをプッシュしたりしています。

要するにホワイトデーにはロマンティックな意味や歴史などなく、お菓子業界の努力によって生まれた日本生まれの習慣なのです。

その証に、最近ではバレンタインデーやホワイトデーにはお菓子だけでなく、物品を贈ろうという流れを百貨店などが作りだしていますよね。

ホワイトデーのお返しの意味

ホワイトデーの由来を知ってしまうと、ホワイトデーのお返しにも深い意味などないと身も蓋もない結論に達してしまいますね…。

このままだと「好きなものをお返しすればいい」という結論で終わってしまいそうです。

ですが、せっかくなので「お返しするお菓子の種類に意味が込められている」というおもしろい説についてもチェックしておきましょう。

ホワイトデーに贈るお菓子に込められた意味

一部のお菓子に込められている(らしい)意味を確認してみましょう。

誰が言い出したのか、どこまで認知されているのかは不明です。

◆クッキー

意味:あなたは友達
理由:乾いていて(ドライ)サクサクしているから

ホワイトデー クッキー 意味

◆キャンディー

意味:好きです
理由:甘くて長い時間楽しめるから 

ホワイトデー キャンディー 意味

◆マシュマロ
 
意味:あなたが嫌い
理由:すぐに溶けてしまうから

ホワイトデー マシュマロ 意味

◆マカロン

意味:特別な人
理由:高級なお菓子だから

スポンサードリンク

◆チョコ、ケーキなどその他のお菓子

意味:特になし

…と、ここまで聞いて、

ほとんどこじつけやないかい!

と思ったあなた。

私もそう思います(笑)

そんなこと言い出すと、

◆チョコレート

意味:好きです
理由:甘くとろけるような時間を過ごしたい

※創作です

なんて意味を持たせられますしね。

マシュマロに関しては、前述の「石村萬盛堂」さんはチョコマシュマロに「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しする」という小粋な意味付けをしていますし。

これらのお菓子の意味は「知っている方が珍しいレベル」の認知度ですが、相手がこういうジンクスみたいなことを気にする可能性が完全にないとは言い切れません。

全くジンクスを気にしない相手であれば、あまり深くは気にせずに相手が好きそうなお菓子を選んであげれば問題ないと思います。チョコマシュマロなんて好きな人は絶対に喜ぶと思うんですよね。

お菓子の意味付けについては、「知らないよりは知っている方がいい」ぐらいの気持ちで参考にして、ベストなお返しを選んでください。

間柄別おすすめのプレゼント

ここまで読んでくださったあなたならもう解るはずです。

ホワイトデーに深い意味やルールがないのであれば、「相手が喜びそうなものをお返しするのがベストである」と。

「しかしそうは言っても決められない!」という方のために、間柄別におすすめのプレゼントを提案しますので参考にしてみてください。

友達や家族

友達や家族には「お菓子のみ」のお返しをおすすめします。

バレンタインデーには義理チョコをもらったぐらいだと思いますし、お菓子であれば形として残らず、特別な意味に受け取られる心配もないからです。

先ほどの意味付けも考慮するならば、お菓子の中でもクッキーを選んでおけば間違いないでしょう。キャンディーを渡して「好きです」と勘違いされる恐れもありません。

クッキー以外だと、ラスクやプリンも高確率で喜んでもらえると思いますよ♪

相手の好きなものを知っていれば、それを贈るのが一番ですね。

恋人や大切な人

恋人や大切な人にはお菓子と一緒に、アクセサリーなどの何か形に残るものもプレゼントしたいですね。

彼女の好きなブランドのネックレスなどはいかがでしょう?

ホワイトデー ネックレス

金額は、バレンタインデーにもらったものと「同額~多くても3倍」までにしておくのがベストかなと思います。

バレンタインにチョコレートだけもらった場合でも、そこまで高価ではないアクセサリーをサラッとプレゼントすると喜ばれると思いますよ。

まだお互いにラブラブな状況であれば、慣れない手つきで手作りクッキーを焼いてプレゼントするのもアツいかもしれません。

まとめ

ホワイトデーが「お菓子業界の努力によってできたイベント」だとわかれば、そこまで深く悩まずに気軽に楽しんでしまいましょう。

とは言えお返しのチョイスはあなたのセンスの見せ所です。

感謝の気持ちを込めて、相手に喜んでもらえるプレゼントを選び、思い出に残るイベントにしてくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする