山手線浜松町駅で犯人がまいたスプレーは何?犯行動機を検証!

2016年7月19日の午後11時頃、山手線浜松町駅付近の電車内で異臭騒ぎが起き、乗客が負傷するという事件が起きました。

山手線浜松町 スプレー 犯人

異臭の原因は不審者の男性が女性にスプレーをまいたことで、その結果男女3人が負傷して救急搬送されたようです。

3人とも意識があるようでひとまずは安心ですが、一日が終わろうとしているときにこんな事件を起こされるなんて迷惑な話です。

今回は「犯人がまいたスプレーは何だったのか?」「犯人は誰で動機は何なのか」について検証してみます。

スポンサードリンク

犯人がまいた異臭がするスプレーは何?

犯人が女性に向けて吹きかけたというスプレーは何だったのでしょうか?

電車で異臭と言えば、サリンを思い出してしまうのは私だけではないはずです。

いくつかのニュース記事を見たところ、「スプレーのようなもの」という記述が多く、詳しいスプレーの情報は見つかりませんでした。

しかし実際にその場にいた方の証言から

  • 刺激臭がした
  • 鼻と口がヒリヒリする

ということがわかっています。

更には異臭騒ぎが起きて数分後には運転が再開したということで、サリンのような危険度の高い成分の気体ではなさそうです。

「唐辛子スプレーか、催涙スプレーかな?」とつぶやかれていましたが、恐らくその類の市販のスプレーかと思います。

殺虫剤などのスプレーも直接顔に浴びたら目や鼻にかなりのダメージを受けそうですが、一人の女性に向けてまいたスプレーで3人が負傷している点を考えると催涙スプレーの可能性が高いと想像します。

犯人は誰で犯行動機は何?

さっきからミーさん(現場に居合わせた方)頼りで恐縮ですが、犯人の特徴は

ということです。

それに加えて「面識のないカップルの女性にスプレーを噴射した」という条件から、深い犯行動機があるわけでなく「現状が上手く行ってない男による、欲求不満が原因の無差別の犯行」だと予想します。

不満の限界に達して「誰でもいいからスプレーをまいて騒ぎを起こしてやる」と思い犯行に至ったのか。

外出するときは常に催涙スプレーを持ち歩くような精神的に不安定な男が、目の前のカップルを見て衝動的にスプレーをかけてしまったのか。

その真意まではわかりませんが、とりあえずは陰謀だったりテロのような思想絡みの犯行ではなさそうです。

とは言え催涙スプレーをまくのは非常に危険な行為で、負傷者も出ているので一刻も早く犯人を捕まえてほしいです。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする